2017年10月23日 (月)

10/18紅葉の栗駒山

紅葉の栗駒山のはずでしたが、北風ピューピュー霧氷の景色、これもまた良しか。総勢16名早々に下山して須川温泉の浴槽に体を沈めました。やはり東北の山は温泉で仕上げ。山頂の祠の中は山もりのお賽銭、誰が回収するのでしょうかね。人の(神の)金ですがちょっと心配?

Pa180036

Pa180038

Pa180041


Pa180045


Pa180046


Pa180048


Pa180051


Pa180052




2017年10月16日 (月)

10/14~10/15越後八海山

10/14~15の日程で、越後八海山のガイド登山をしてきました。初日の14日は時々ガスに包まれるものの、八ッ峰の姿は望まれましたが、岩場は濡れており尾根沿いの鎖場は避けて、う回路を使用し大日岳まで往復しました。5名の参加中1名は体力技術に不安を感じ小屋までとしていただきました。千本檜小屋の宿泊は初めてでしたが、意外と快適に宿泊できました。

Pa140005


Pa140007


Pa140010


Pa140012


Pa140016


Pa140018


Pa140020


Pa140024


Pa140027


Pa140031

2017年10月 5日 (木)

9/30~10/2木曽駒が岳から空木岳縦走

9/30駒ヶ岳ロープウエイで2600m千畳敷へ一気に登れますP9300123


P9300125
この日木曽駒が岳は大変な人数の登山者でした

Pa01014210/1夜明け前に宝剣山荘を出発し宝剣岳通過


Pa010135


Pa010147
空木岳ははるか遠くに

Pa010150
檜尾岳山頂は縦走の中間点

Pa010153
出発地の宝剣岳がはるか遠くに

Pa010156
熊沢岳からの空木岳

Pa010157午後になると天気が崩れてきました

この日は木曽殿山荘宿泊


Pa020166
最終日2日霧と強風の急登

Pa020170山頂は霧の中でした


Pa020175
山頂下の駒峰ヒュッテはトイレもあります

Pa020172


Pa020186駒石から山頂を振り返る


9/24~27奥穂高岳

9/24は上高地⇒横尾山荘泊

9/25涸沢カール⇒ザイデングラード⇒穂高岳山荘⇒穂高岳山頂

9/26山荘⇒徳澤園泊

9/27徳澤⇒上高地P9250050涸沢


P9250058


P9250070ザイデングラードの登り


P9250072
穂高岳山荘

P9250073山荘からの急な岩場の登りは緊張します


P9250079遠くに槍ヶ岳が現れた


P9250084
ジャンダルムも

P9250086穂高岳山頂に無事登頂


P9250088
お疲れ様でした

P9260103


P9260105


P9260111
涸沢の紅葉は美しいです

9/18~9/20北アルプス、笠ヶ岳

8/18はわさび平小屋に宿泊

翌19日笠新道を登る

P9190015


P9190016杓子平まで登ると、やっと笠の姿を望めます


P9190019
穂高と槍ヶ岳がすぐそこにそびえています

P9190020抜戸岳から黒部五郎岳と薬師岳が遠見できます


P9190022笠の山頂が近づいてきた

P9190032
21751789_1506234049457538_434096545
いわき市の大森さん笠ヶ岳で百名山完登です。おめでとうございます。

8/24~8/28北海道幌尻岳

25日に小樽港から新冠へ移動。60kmの車での林道走行、そしてポロシリ山荘まで林道を18km6時間の行動。皆さんお疲れでした。

P8250192


P8250193


P825019825日いよいよ幌尻岳へ、沢の横断が2か所今年は水量が少なく助かりました。


P8260202
花畑は秋の花になってました

P8260208ようやく山頂、福島市から参加された渡辺さん、百名山完登おめでとうございます。


P8260216

8/18~8/20唐松岳から五竜岳縦走

8/18は白馬村の民宿でゆっくりと滞在

8/19八方尾根ゴンドラ利用し、唐松岳山頂に登頂、山荘に宿泊しました。あいにくの霧に囲まれ楽しみにした立山・剱岳の展望は翌日に持ち越し。

P8190145


P8190146


P8190147

8/20剣岳が姿を表してくれました。縦走コースは前半と五竜山頂直下が岩場の登り下りで慎重に行動。無事登頂。その日のうちに遠見尾根を下山し、白馬村の民宿に宿泊

P8200152


P8200153唐松岳山頂


P8200161五竜岳へ縦走中


P8200163


P8200164


P8200172


P8200181
五竜岳山頂直下

P8200182

2017年8月15日 (火)

8/11~8/12東北の名峰鳥海山

8/11~8/12花の百名山鳥海山

8/11は鉾立登山口から、山頂小屋そして新山(山頂)

この日は東北地方はぐずついた天候でしたが、奇跡的に鳥海山付近だけが、午後から快晴になってくれました。本当にツイていました。

P8110090


P8110104


P8110111


P8110121


P8110123


P8110125

8/3~8/7南アルプス、荒川三山~赤石岳縦走

8/3は福島の集合地から、8時間かけ椹島の登山口のロッジへ到着。

8/4椹島から1日かけ千枚小屋に。

8/5日の出の富士見見送られ、縦走開始。

荒川三山の名峰悪沢岳ー中の岳ー南岳と縦走し、荒川小屋に雨が落ちる前に到着

P8050008


P8040004
千枚小屋

P8050016
300mの縦走路、後は名峰赤石岳

P8050019
南アルプスの高山帯に咲くタカネビランジ

P8050021
マツムシソウ

P8050032悪沢岳(東岳)山頂


P8050044
荒川小屋は高山植物の宝庫

P8060050
8/6夜明け前に荒川小屋を出発

P8060061赤石岳手前から昨日縦走した荒川三山を望み


P8060063
ようやく赤石岳へ

P8060065
赤石岳山頂で

P8060072


P8060074
最後の山小屋は赤石小屋

P80700758/7早朝の小屋の前から昨日登頂した赤石岳と


P8070077聖岳が見上げられます


P8070082

縦走4日目やっと赤石登山口に無事下山しました、ご苦労様でした。

7/28~7/31表銀座、燕岳~大天井岳~常念岳縦走

P72900107/28は登山口の有明荘に前泊、登山初日は深いガスの燕山荘に到着、燕岳まで往復。

山頂までの登山道わきには、コマクサの大群落圧巻でした。

P7290016_2


P7290024
3日目、大天井岳から常念小屋まで。時々雲が切れ、周りの山稜の姿が見えると周りから歓声が上がる。途中に白いコマクサを発見。初めて見ることができました。

P7300028


P7300032


P7300033登山最終日、日の出を常念岳の山頂から迎えようと、ヘットランプを照らしての登山。

苦労の甲斐がありました。山頂からは穂高連峰の素晴らしい姿が楽しめました。


P7310041


P7310043


P7310047


P7310058


P7310063

«7/21-23北アルプス、焼岳と乗鞍岳